16日にタイ・バンコクで開幕するホッケーの第4回女子U18(18歳以下)アジアカップ日本代表18人に本県から不来方高のFW田村綾菜、MF和田茜(ともに3年)が選ばれた。田村は副主将を務め、沼宮内高の佐々木正人教諭(50)がヘッドコーチとして指揮を執る。

 田村は沼宮内中(岩手町)時代にU16(16歳以下)のジュニアユースの代表経験があり、U18代表は昨年から選出。スピードと得点力が持ち味だ。今回初代表の和田は不来方高では中盤の中心として活躍。豊富な運動量、力強いヒットを武器とする。ともに3年連続で国体に出場し、前回、今年の岩手国体と2年連続の準優勝に貢献した。

 22日まで行われる大会は、...    
<記事全文を読む>