フランスで行われたフィギュアスケートのジュニアグランプリ(GP)ファイナルで女子3位に入った坂本花織(神戸FSC、神戸野田高)と同4位の紀平梨花(関大KFSC、西宮市立上ケ原中)が13日帰国し、大阪空港で取材に応じた。

 坂本はショートプログラム(SP)2位からフリーで崩れたが、表彰台は確保。「目標の一つにしていたのでうれしい」と笑顔を浮かべた。

 1、2位を占めたロシア勢に「滑りや表現がすごかった」と刺激を受け、「ジュニアから気持ちを切り替え、ノーミスで自己ベストを出したい」とシニアと同じ舞台で戦う全日本選手権(22日開幕・大阪市)に意欲を新たにした。

 紀平は大舞台にのまれてSP最下位に...    
<記事全文を読む>