日本バドミントン協会は13日、来年の日本代表を発表し、世界のトップ選手が集まる国際オープンの最高峰・スーパーシリーズ(年間12回)を中心に派遣するA代表に、女子ダブルスの米元小春、田中志穂組(北都銀行)を選出した。米元、田中組のA代表入りは初めて。

 米元、田中組はペア結成から2年。日本代表選考会を兼ねた今年の全日本総合選手権(11月28~12月4日、代々木第二体育館)で決勝に進出し、リオデジャネイロ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス)に善戦した。

...    
<記事全文を読む>