バドミントンの国際大会、スーパーシリーズの年間上位8人、8組によるファイナル(14~18日)の1次リーグ組み合わせ抽選が12日、開催地のアラブ首長国連邦・ドバイで行われた。女子シングルスで2年ぶり2度目の出場となる山口茜(福井県立勝山高出身、再春館製薬所)は、リオデジャネイロ五輪金メダリストで世界ランキング2位のカロリナ・マリン(スペイン)らと同じ組になった。

 世界ランキング8位で第2シードの山口はグループBに振り分けられ、リオ五輪銀メダリストで世界10位のシンデュ・P.V(インド)、世界6位の孫瑜(そんゆ)(中国)も一緒になった。

 ファイナルは4人ずつ2組に分かれて総当たりの1次リー...    
<記事全文を読む>