【大阪支社】来年度新設されるラグビーの「(仮称)トップチャレンジ(TC)リーグ」の参入戦第2戦は11日、大阪市の鶴見緑地球技場で行われ、釜石シーウェイブス(SW)RFCはトップウエスト3位の大阪府警に40-36(前半19-12)で勝利した。3地域リーグの3位同士の1回戦総当たりで、釜石は2連勝の勝ち点9で1位が確定し、2位までが進むTCリーグ進出を決めた。

 釜石は前半5分、ラインアウトからのモールを押し込みフッカー中村彰が先制トライ。8分と25分にCTBマイケル・バー・トロケが連続トライを挙げリードを広げたが、キックボールのキャッチミスなどから2トライを奪われ、前半を19-12で折り返...    
<記事全文を読む>