スーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは12日、2017年シーズンの所属選手36人を発表し、昨季SRの海外チームでプレーした日本代表のSH田中(パナソニック)FB松島(サントリー)ら18人が新たに加入した。

 11月の日本代表戦に出場した中からはナンバー8三村(ヤマハ発動機)ら18人が選ばれ、昨年のワールドカップ(W杯)代表で38歳のロック大野(東芝)らを含めてキャップ保持者は計26人となった。

 ヤマハ発動機からは、プロップの山本と伊藤、フッカー日野、フランカーのヘル、SH矢富も入った。

 サンウルブズは2月25日にハリケーンズ(ニュージーランド)と初戦を迎える。
...    
<記事全文を読む>