10、11日に釧路市の日本製紙アイスアリーナで行われたアイスホッケーアジアリーグの日本製紙クレインズ対王子イーグルス(苫小牧)のシリーズ。クレインズは2連敗を喫したものの、11日の来場者数は2475人に上り、アジアリーグが始まった2003年以来、レギュラーシーズンの同アリーナでの試合では最多となった。

 10日は2157人が来場。両日とも延長戦にもつれ込む接戦で、1日2千人超の両チームのファンが「氷都」の誇りをかけた道内対決に熱狂した。

 今シリーズは2014年にアジアリーグプレーオフの王子戦で記録した同アリーナ最多観客数3120人以上を目標に、日本製紙釧路工場の社員らが来場者プレゼントや...    
<記事全文を読む>