大相撲の冬巡業「大相撲都城場所」(実行委主催)は11日、都城市の早水公園体育文化センターであった。約3千人の相撲ファンが詰め掛け、迫力ある取組を間近に観戦し、力士との触れ合いも楽しんだ。

 合併に伴う新都城市の誕生10周年記念として開かれ、同市では13年ぶりの巡業となった。満員の会場では、土俵上で豪快にぶつかり合う力士の姿に観客は大興奮。とりわけ延岡市出身の琴恵光ら郷土力士や、横綱白鵬などが土俵入りすると大きな歓声と拍手が沸き上がった。

...    
<記事全文を読む>