世界王者が貫禄の演武で2020年東京五輪へ弾みをつけた。空手の全日本選手権最終日は11日、東京・日本武道館で行われ、男子個人形で10月の世界選手権2連覇の喜友名諒(劉衛流龍鳳会)が初戦から全4試合を5-0の完勝で5連覇を達成した。

 金城新(同)は準々決勝で喜友名に敗れて5位だった。上村拓也(同)は1回戦敗退だった。

 女子は清水希容(ミキハウス)が4連覇を達成した。

 体重無差別で争われた個人組手の男子は世界選手権84キロ級覇者の荒賀龍太郎(荒賀道場)が決勝で篠原浩人(セレ・ナス)を2-0で下し、3年連続5度目の優勝を果たした。

 同女子は世界選手権68キロ超級優勝の植草歩(高栄警備保障)が...    
<記事全文を読む>