アメリカンフットボールの関西学生リーグ入れ替え戦は11日、神戸市灘区の王子スタジアムで2試合があり、神戸大(1部7位)は桃山大(2部A1位)に3-14で敗れ、21季ぶりの2部降格が決まった。同大(1部8位)は37-7で近大(2部B1位)を下し、1部残留を決めた。

 神戸大は第2クオーター(Q)に田中の44ヤードフィールドゴールで先制したが、桃山大のタッチダウン(TD)パスで逆転を許し、後半は無得点に終わった。

...    
<記事全文を読む>