2020年東京五輪・パラリンピックのボート、カヌー・スプリント会場の候補地だった宮城県長沼ボート場(宮城県登米市)を巡り、小池百合子東京都知事らが示した事前合宿地としての活用案に地元関係者が冷めた視線を送っている。会場変更問題では最後にはしごを外されただけに、「今回も単なる空手形では」と懐疑的な見方が広がる。

 国際オリンピック委員会(IOC)、大会組織委員会、東京都、政府の4者が11月29日に東京都内で開いたトップ級会合で、長沼での開催を見送り、「海の森水上競技場」(東京都)をコストを抑えて新設することが固まった。

 会合では、小池知事が「長沼は事前合宿地として活用可能」と宮城への配慮を...    
<記事全文を読む>