スピードスケートの第72回国体県予選兼第37回全国中学競技会県予選第1日は9日夜、日光霧降スケートセンターで行われ、成年男子1500メートルは高柴直希(たかしばなおき)(作新大)が2分0秒72の大会新記録で優勝した。

 国体県予選は成年、少年が同じ組に入り、シングルトラックで順位を争った。500メートルでは、少年男子の宇賀神怜真(うがじんれいま)(作新高)が全体トップの39秒82で制した。

 中学は男女ともに1年生が500メートル、1500メートルの2種目を制覇。男子は阿部恵大(あべけいた)(坂西)が僅差で競り勝ち、女子は篠原侑愛(しのはらゆうあ)(大沢)が頂点に立った。
<記事全文を読む>