県内では18年ぶりとなる本格的な自転車ロードレース「横須賀ソレイユの丘クリテリウムレース大会」(県自転車競技連盟主催、神奈川新聞社など後援)が10日、横須賀市の長井海の手公園ソレイユの丘特設コースで開かれた。1周600メートルの周回コースでタイムを競い、2レースの合計(50周)で争うジュニアの部では香山飛龍(横浜高)が49分35秒091で総合優勝を飾った。

 同連盟の主催、主管大会としては1998年の神奈川国体以来18年ぶりの県内開催。ジュニア年代の発掘や競技力の底上げを狙い、競技者登録をしているジュニア(18歳以下)、U23(22歳以下)、エリート(23歳以上)の各部のほか、初心者や小...    
<記事全文を読む>