世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級王者で世界3階級制覇を達成した長谷川穂積(35)=真正=が9日、神戸市内で記者会見し、「これ以上証明するものがなくなった」と現役引退を表明した。これまで世界王者のまま自らの意思で引退した日本選手は世界ボクシング協会(WBA)ミニマム級王者だった新井田(にいだ)豊(後に復帰)だけで、極めて異例だ。

 1999年にプロデビューし、2005年4月にバンタム級王座を獲得。5連続KO防衛を含む日本人2人目の10連続防衛に成功した。10年11月にはフェザー級、ことし9月に3階級目となるスーパーバンタム級で王者になった。35歳9カ月での世界王座奪取は日本...    
<記事全文を読む>