世界ボクシング評議会(WBC)スーパーバンタム級王者の長谷川穂積(35)=真正、兵庫県西脇市出身=が9日、神戸市内のホテルで会見し、現役引退を表明した。

 執念で世界王座に返り咲き、惜しまれながらの引退。美しい引き際を、長谷川は意地と努力で実現してみせた。最後の最後までファンを魅了し続けたボクシング人生だった。

 プロデビュー5戦目までに2敗。努力ではい上がった練習の虫だ。限界に挑むかのように雄たけびを上げてミットをたたく練習風景は、目を奪う迫力があった。

 王座防衛14度を誇ったタイの英雄ウィラポンを破り、初めて世界王者となったのが2005年。抜群のスピードと防御センスで世界の強敵を翻弄(...    
<記事全文を読む>