2020年東京五輪に向けたバスケットボール日本代表候補の重点強化選手68人の中に、徳島県出身の西田優大(17)=福岡大大濠高3年、海陽中出=が選ばれた。年内に東京・味の素ナショナルトレーニングセンターで3日間の合宿を2度行う。

 西田は189センチ、85キロのシューティングガード。10月には男子U-19(19歳以下)日本代表に選出され、エジプト・カイロで17年7月1日から9日まで開かれるU-19男子選手権に出場することが決まっている。

...    
<記事全文を読む>