北上市は、解体された東京都新宿区の旧国立競技場から譲り受けた座席6500席のうち、300席を釜石市に無償で再譲渡する。座席は2019年ラグビーワールドカップ(W杯)に向けて同市鵜住居町に建設するスタジアムに設置され、旧国立競技場と岩手国体のレガシー(遺産)をW杯に引き継ぐ。

 旧国立競技場の座席は復興国体の成功を期して北上市に無償譲渡され、岩手国体主会場となった同市相去町の北上総合運動公園陸上競技場に6千席を設置した。

 釜石市に再譲渡するのは、予備として保管している500席の一部。1月に同市から要請を受けた北上市が「W杯をともに盛り上げたい。東日本大震災の被災地支援にもなる」と、座席の譲...    
<記事全文を読む>