2020年東京五輪の追加種目、野球・ソフトボールの一部試合を福島県で実施する計画を巡り、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が、候補地となっている県内の3球場の設備に不満を持っていると報道で伝えられ、自治体関係者に戸惑いが広がっている。

 候補の3球場は表の通り。WBSCのフラッカリ会長は11月19日、福島、郡山両市の球場を視察した。

 国際オリンピック委員会(IOC)理事会が開かれているスイスからの報道によると、WBSCは会場として最有力だった福島市の球場設備を問題視。他の2球場についても、内野の芝生化や観客席増設などを求めているとされる。

 福島市は今月1日、誘致に向けた庁内組織を発足さ...    
<記事全文を読む>