2020年東京五輪・パラリンピックのバレーボール会場の選定が先送りされている問題で、横浜市の林文子市長は7日の定例記者会見で、候補に挙がっている「横浜アリーナ」(港北区)での代替開催案について、競技団体の意向や民有地交渉などを課題に挙げて「時間的に難しい」と述べ、現状では開催は困難との認識を示した。

 林市長は「アスリートファーストで競技団体の理解を得てやるべきこと。最も大事な競技団体が有明アリーナ(東京都江東区)での開催を希望しており、(横浜開催を)納得してもらうには時間が短い」などと指摘。小池百合子都知事が「クリスマスまで」とした期限までに、競技団体の理解を得ることが難しい点を最大の...    
<記事全文を読む>