三田ラグビークラブジュニア(三田RCJ)の小学6年チームが11月、兵庫県内王者の座を学年別に争う「第34回県ラグビースクール大会」で優勝し、小学1年のときから6連覇という偉業を達成した。これまで公式戦で無敗の強さ。この勢いで初の全国大会に臨もうと、来年2月の関西予選に向けて気勢を上げている。(山岸洋介) 三田RCJは1991年に発足し、後の社会人トップリーグ選手たちも巣立った。現在は幼小中の約120人が所属する。

 大会は県ラグビーフットボール協会などが主催。小学1~6年と幼児の各部門があり、トライ数で勝敗を決した。

 6年生の部には16チームが出場し、三田RCJは初戦を6-2で、2回戦を...    
<記事全文を読む>