「現役中は腰を据えて沖縄でトレーニングする」。五輪レスリング日本代表の山本郁榮を父に持ち、総合格闘技(MMA)に転向した女子レスリング元世界女王・山本美憂(42)は長男・アーセン(20)と、総合格闘家で“神の子”の異名を持った弟・山本“KID”徳郁(39)と共に沖縄で汗を流す。県内で練習を始めて2カ月余。拠点をそれまでのカナダから県内に移すことを決断した。「格闘家にとって最高の場所だ」と競技の集大成を沖縄に懸ける。(崎原有希) 美憂は身長156センチ、49キロ。妹の聖子さんも女子レスリングの元世界王者で、徳郁を含めたそれぞれの活躍ぶりは「格闘界の山本ファミリー」として広く知られている。...    
<記事全文を読む>