2019年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の公認チームキャンプ地誘致に関し北上市は5日、大会組織委員会に候補地として申請したと発表した。申請は11月15日付。

 公認チームキャンプ地については、12月22日が応募の締め切りとなっている。市は、キャンプ地に必要な宿泊施設と練習グラウンド、屋内練習場、ジム、プールがコンパクトにまとまっていることや花巻空港に近い利点を強調。高橋敏彦市長は「高校ラグビーは8年連続で北上勢が全国大会に出場している。その点でも候補地になれればと思う」と交流事業による人材育成に期待を寄せた。市は事前キャンプ地の誘致も並行して進める。

 雫石町も5日、候補地として申...    
<記事全文を読む>