ラグビートップリーグ(TL)の第10節最終日は4日、群馬県太田市運動公園陸上競技場などで3試合が行われた。神戸製鋼とパナソニックがともに8勝目(2敗)を挙げ、どちらも勝ち点を38とした。

 試合終了のホーンが鳴ってからも、自慢の攻撃力を見せつけるかのようにボールを回し続けた。神戸製鋼が今季最多の10トライ、60得点。今後控える上位陣との直接対決に弾みをつけた。

...    
<記事全文を読む>