フェンシングの全日本選手権個人戦最終日は4日、東京・駒沢体育館で男女のフルーレを行い、男子の鈴村健太(大垣南高)が初の3位入賞を果たした。

 鈴村は2、3回戦の接戦を制し、準々決勝では大石利樹(法大)に15-9で快勝した。初めて進んだ準決勝では同じナショナルチームの敷根崇裕(同)と対戦。11-11と互角に渡り合っていたが、終盤に連続でポイントを奪われ、11-15で及ばず、ファイナリストを逸した。

 男子の伊藤拓真(大垣南高)が5位、女子の辻すみれ(岐阜総合高)も6位となりともに自身最高成績と躍進した。男子の伊藤真(岐阜ク、大垣南高講)は10位、女子は伊藤真希(日大、大垣南高出)が13位、川...    
<記事全文を読む>