バドミントンの全日本総合最終日は4日、東京・代々木第二体育館で各種目の決勝が行われ、リオデジャネイロ五輪女子ダブルス金メダルの高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス、宮城・聖ウルスラ学院英智高出)が米元小春、田中志穂組(北都銀行)に2-1で逆転勝ちし、2年連続5度目の日本一となった。

 女子シングルスはロンドン五輪代表の佐藤冴香(ヨネックス、宮城・常盤木学園高-日体大出)が、リオ五輪8強の山口茜(再春館製薬所)にストレート勝ちして初優勝。男子シングルスは西本拳太(中大)が坂井一将(日本ユニシス)に2-1で競り勝って初制覇した。

 男子ダブルスは園田啓悟、嘉村健士組(トナミ運輸)が遠藤大由(日...    
<記事全文を読む>