バドミントンの全日本総合選手権最終日は4日、東京・代々木第二体育館で各種目の決勝が行われ、リオデジャネイロ五輪女子ダブルス金メダリストで藍住町出身の松友美佐紀、高橋礼華組(日本ユニシス)が米元小春、田中志穂組(北都銀行)に2-1で逆転勝ちし、2年連続5度目の日本一となった。

 松友、高橋組は1、2回戦を危なげなくストレート勝ち。準々決勝、準決勝、決勝は全てフルゲームの接戦となったが、最後は五輪覇者の意地で栄冠を勝ち取った。【写真説明】[写真左]高橋礼華選手[写真右]松友美佐紀選手

...    
<記事全文を読む>