アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは4日、日光霧降アイスアリーナで2位の東北と対戦、延長戦の末に3-2で競り勝った。今季最長の連勝を4に伸ばし、勝ち点2を加算。通算成績は14勝15敗の勝ち点39となり、6位は変わらない。

 バックスは2度リードを奪われたが、FWマーク・ディレイゴが第1ピリオド3分56秒、第3ピリオド3分42秒に得点して追い付いた。反則で1人少ない状況が続いた終盤には、GK小野航平(おのこうへい)の好守で耐えた。

 延長では開始直後に相手反則を誘い、1人多いパワープレーに攻め続けた。1分43秒、DFケビン・ミッチェルのシュートが決勝点。前日に続いて合計シ...    
<記事全文を読む>