相撲の第65回全日本選手権は4日、東京・両国国技館で行われ、中大4年の矢後太規が決勝で深井拓斗(東洋大)を寄り倒し初のアマチュア横綱になり、大相撲の幕下15枚目格付け出し資格を得た。中大勢の優勝は栗本剛(のち大相撲の十両武哲山=故人)以来26年ぶり。

...    
<記事全文を読む>