柔道GS東京大会女子70キロ級決勝の終盤。新添左季(山梨学院大2年)は優勝候補だった新井千鶴(三井住友海上)の寝技を耐え抜き、指導一つの差で初のシニア国際大会を制した。「うれしい。疲労はひどいけど、それ以上に楽しめた」と喜んだ。

...    
<記事全文を読む>