【東京支社】来年度から新設されるラグビーの「(仮称)トップチャレンジ(TC)リーグ」の参入戦第1戦は3日、埼玉県熊谷市の熊谷ラグビー場で行われ、釜石シーウェイブス(SW)RFCはトップキュウシュウ3位のマツダに36-12(前半21-5)で勝利した。地域リーグ3位同士の三つどもえの戦いでまずは1勝して勝ち点5を挙げ、新リーグ入りに大きく前進した。

 釜石は前半6分、先制を許したが、同12分に途中出場のSOマイケル・バー・トロケがトライを挙げ、ゴールも決まり逆転。フランカー中野裕太、トロケの連続トライで21-5と流れをつかみ折り返した。後半もモール、ラックからの展開やサイドを突いた攻撃で引き...    
<記事全文を読む>