スピードスケートの第68回県高校・中学総体は2日夜、日光霧降スケートセンターで行われた。高校男子の500メートルは宇賀神怜真(うがじんれいま)(作新)が39秒00で大会新をマーク。1000メートルも制し、2冠に輝いた。

 高校女子は500メートルと1000メートルで吉原千智(よしはらちさと)(日光明峰)が2年連続で2冠を達成。高校男子1500メートルは渡辺拓(わたなべたく)(同)が2連覇を果たした。中学男子は阿部恵大(あべけいた)(坂西)が500メートルと1000メートルで優勝した。

...    
<記事全文を読む>