ラグビーの関西大学リーグ最終日は3日、西京極陸上競技場で2試合が行われ、天理大が同大を34-12で下して7戦全勝とし、4年ぶり8度目の優勝を果たした。関学大は最終戦で関大が敗れたため6位が確定した。

 関学大は1勝6敗で摂南大、関大と並びながら、リーグ規定の3校間による対戦成績、得失点差で6位となり、入れ替え戦を回避した。清水主将は「後輩に来年へのバトンをつなげることができた」と胸をなで下ろした。

...    
<記事全文を読む>