アイスホッケーアジアリーグのHC栃木日光アイスバックスは3日、日光霧降アイスアリーナで2位の東北と対戦、3-2で競り勝った。今季初の3連勝を飾り、通算成績は13勝15敗の勝ち点37。6位は変わらない。

 3週間ぶりとなるホームでの3連戦初戦。エースFWデイビッド・ボンクをけがで欠くバックスだったが、第1ピリオド7分54秒にFW寺尾勇利(てらおゆうり)、同18分21秒にはDF伊藤剛史(いとうごうし)が得点してリードを広げた。

 第2ピリオドに同点に追い付かれたものの、その後は度重なるピンチをGK小野航平(おのこうへい)の活躍などで我慢。第3ピリオド16分3秒、相手反則で1人多いパワープレーの...    
<記事全文を読む>