柔道のグランドスラム東京大会第2日は3日、東京体育館で男女計4階級が行われ、男子81キロ級はリオデジャネイロ五輪銅メダルの永瀬貴規(旭化成)が決勝でドイツ選手を抑え込んで一本勝ちし、2年ぶり3度目の優勝を果たした。

 男子73キロ級は東海大相模中高出身で25歳の橋本壮市(パーク24)が決勝で土井健史(ダイコロ)を下し初優勝。19歳の立川新(東海大)が3位に入り、ロンドン五輪2位の中矢力(ALSOK)は2回戦で敗退した。

 女子は70キロ級で20歳の新添左季(山梨学院大)が決勝で新井千鶴(三井住友海上)に優勢勝ちし、初優勝した。63キロ級では19歳の嶺井美穂(桐蔭学園高-桐蔭横浜大)が準々決...    
<記事全文を読む>