レスリング女子で五輪4連覇を達成した伊調馨選手(32)=ALSOK=と兄でコーチの寿行さん(39)=同=を招いたスポーツ懇談会が3日夕、山形市の山形国際ホテルで開かれた。伊調選手は「みんなの力でここまで来られた」と周囲への感謝の言葉を口にしたほか、日々の練習と試合内容への高い意識を語った。

 今夏のリオデジャネイロ五輪の58キロ級決勝、残り3秒で逆転し4度目の頂点に立った伊調選手。懇談会で「内容が良くなかったので喜びはあまりなかった」と告白し、寿行さんも「残り30秒で負けると思った」。それでも五輪V4に本人は「皆さんが喜んでくれる。金メダルで良かった」と話した。

 自身の競技との向き合い方...    
<記事全文を読む>