アジアリーグアイスホッケーの東北フリーブレイズは3日、栃木県日光市の日光霧降アイスアリーナで日光アイスバックスと対戦し、2―3で敗れた。連勝は3でストップ。順位は2位のまま。

 第1ピリオドに2点を失い、出はなをくじかれた。第2ピリオドは4分に山下拓郎、18分に山田淳哉が決めて追いついたが、第3ピリオド16分に数的不利のキルプレー中に勝ち越された。

 若林クリス監督はチームを通じ「(数的有利の)パワープレーで得点できず、キルプレーで2失点したことが勝敗を分けた」とコメントした。

 4日も同会場でアイスバックスと対戦する。

...    
<記事全文を読む>