バドミントンの全日本総合選手権第5日は3日、東京・代々木第二体育館で各種目の準決勝が行われた。女子シングルスで2年ぶりの優勝を狙う山口茜(福井県立勝山高出身、再春館製薬所)は、3年前の女王、三谷美菜津(NTT東日本)に2―0で勝って、決勝に進んだ。

 山口は第1ゲームを21―17で取った。第2ゲームは15―15の同点から山口が5点連取してリードを奪い、最後は三谷のミスを誘って、21―16で勝利した。

...    
<記事全文を読む>