リオデジャネイロパラリンピックのゴールボール女子に日本代表として出場した天摩由貴(26)=八戸市出身、東京都在住=が2日、八戸市福祉公民館で講演した。八戸盲学校、聾学校や柏崎小6年の児童ら約150人が出席。ゴールボールとの出会いやリオでの経験を交えながら、夢を持つ大切さについて語った。

...    
<記事全文を読む>