【鈴鹿】日本最高峰のバイクレース「2016 MFJ 全日本ロードレース」のJ―GP3クラスで、年間チャンピオンを獲得した鈴鹿市在住の徳留真紀選手(45)=CLUB PLUSONE所属=が二日、同市役所を訪問し、末松則子市長に報告した。

 徳留選手は九州出身で、十九歳から鈴鹿を拠点に国内外でレース活動をしている。

 徳留選手が参戦する「J-GP3」クラスは排気量二百五十㏄のクラスで、同クラスでの年間チャンピオン獲得は平成二十四年に続いて二回目。今年は全五戦のうち二回優勝し、年間チャンピオンになった。

 今季のレースを振り返り「冷静に周りを見る余裕があったことが、目標の年間チャンピオン獲得につな...    
<記事全文を読む>