ラグビーの第53回全国大学選手権第2日は3日、名古屋市のパロマ瑞穂ラグビー場で、5大会連続5度目出場の朝日大(東海・北陸・中国・四国代表)が、初戦となる2回戦で福岡工大(福岡、九州代表)と対戦する。

 今大会は過去4大会の実績に基づき出場校数を再編。5大会ぶりにトーナメント形式を採用。吉川充監督は「より1戦、1戦全力で戦っていこうという気持ちが高まる」と意気込む。

 代表決定戦の環太平洋大(岡山)戦では後半7トライの猛攻で66―26と圧倒。キックを多用して縦にボールを動かし敵陣に速くボールを持ち込みプレッシャーをかける。攻撃では平均体重100キロ近いフォワードを中心にボールを押し込み、守備...    
<記事全文を読む>