バドミントンの全日本総合選手権第3日は1日、東京・代々木第二体育館で各種目の2回戦が行われ、女子シングルスでリオデジャネイロ五輪3位の奥原希望(日本ユニシス)は右肩負傷のため試合途中で棄権。2年ぶりの優勝を狙う山口茜(再春館製薬所)、佐藤冴香(ヨネックス、宮城・常盤木学園高-日体大出)、大堀彩(トナミ運輸、福島・富岡高出)らが8強入りした。男子シングルスは西本拳太(中大)らが勝った。

 女子ダブルスはリオ五輪覇者の高橋礼華、松友美佐紀組(日本ユニシス、宮城・聖ウルスラ学院英智高出)がストレート勝ちして8強。福万尚子、与猶くるみ組は同じ再春館製薬所所属の前田美順、山口組に競り勝った。男子ダ...    
<記事全文を読む>