日本ラグビー協会が来年度から新設する「(仮称)トップチャレンジ(TC)リーグ」に向け、釜石シーウェイブス(SW)RFCは3日、埼玉県の熊谷ラグビー場で同リーグ参入マッチの初戦に挑む。トップキュウシュウ3位のマツダとの初対戦。まずは1勝を挙げ、新リーグ参入に弾みをつけたい。

 釜石は今季のトップイーストを7勝2敗の3位で終えた。参入マッチは、釜石SWとトップウエスト、トップキュウシュウの3位チームの総当たり戦で上位2チームがTCリーグに進出する。来季のトップリーグを視野に、まずは新たなリーグを目指す。

 須田康夫主将は「今年のTCに行けない悔しさはあるが、残された道で最善を尽くす。みんなリー...    
<記事全文を読む>