県営熊谷ラグビー場(熊谷市)などで開催されるラグビーの2019年ワールドカップ(W杯)日本大会を盛り上げるため、大会組織委員会アンバサダーで元日本代表の松田努さん=さいたま市出身、草加高出=と15年W杯日本代表の藤田慶和選手(パナソニック)らが1日、県庁を訪れ、上田清司知事と熊谷市の富岡清市長にPR活動など大会成功に向けて協力を求めた。

 W杯開幕まで3年を切り、組織委では日本大会の機運醸成を目的とし、開催12会場の自治体を訪問してきた。

 松田さんは「大会までさまざまなイベントが控えており、今後も協力して盛り上げていきましょう」と呼び掛けた。藤田選手は「トップリーグも再開する。いいプレー...    
<記事全文を読む>