2020年東京五輪セーリング競技の江の島開催に向けた湘南港の整備について、黒岩祐治知事は30日、マストを立てたままヨットのバランスを調整したり、正確な重量を計測したりできる「艇整備庫」などを新たに整備する考えを明らかにした。同日の県議会第3回定例会本会議で、自民党の磯本桂太郎氏(横浜市旭区)の代表質問に答えた。

 黒岩知事は「五輪は江の島をセーリングの聖地として世界に発信する絶好の機会。大会後も見据えながらしっかりと整備する視点も欠かせない」と説明。その上で、屋内で艇をメンテナンスできる整備庫と、会場の海を見渡せる場所に設置して大会を運営する「コントロールルーム」の重要性を強調した。

 知...    
<記事全文を読む>