日本女子プロゴルフ協会(LPGA)のトーナメントプロとして、来季のステップ・アップ・ツアーやレギュラーツアーに参戦する高岡市出身の柴綾夏選手(26)=高岡龍谷高校卒=が二十八日、同市役所を訪ね「常に上位を目標に頑張りたい」と意気込みを語った。

 柴選手は今年九月に初めて日本女子オープンゴルフ選手権に出場。国内のツアートーナメントの出場権獲得を争う四段階の予選会のファイナルで六十四位の好成績を収め、二〇一二年以来のプロ資格を得た。

 柴選手は九歳から高岡市の花尾カントリークラブでゴルフを学んだ。昨年から三重県のジャパンクラシックカントリーく楽部に所属し、プロを目指してきた。「粘りと感謝の一年...    
<記事全文を読む>