第63回徳島駅伝(徳島陸協、徳島県、徳島新聞社主催)には、2020年開催の東京パラリンピック出場を目指す2人のランナーがエントリーしている。視覚障害がある三好市チームの髙井俊治さん(30)=同市池田町シマ、会社員=と、知的障害がある吉野川市チームの阿利美咲さん(22)=同市鴨島町喜来、カリヨンれもん=だ。徳島駅伝に出場を重ねて走力を磨いてきた2人は、17年を東京パラ挑戦のスタートの年と位置付け、力走を誓っている。

 髙井さんは池田中学校2年の時に野球ボールが左目を直撃し、視力が徐々に低下した。現在の視力は0・03で矯正しても0・1。足元の段差が見えづらいなどのハンディがありながら、美馬商...    
<記事全文を読む>