陸上の800メートル、1500メートルの日本ろう記録保持者で、両種目で2017年7月のデフリンピック(トルコ)出場が確実視される森光佑矢選手(金沢星稜大学3年=高知ろう学校出)が12月30日、高知に帰郷。高知新聞社を訪れ、「成長が実感できた1年だった。来年はもっと記録を縮めたい」と、さらなる飛躍を誓った。

  森光選手は須崎市出身。高知ろう学校で本格的に陸上を始め、高知県選手権800メートル優勝、国体出場などを果たして金沢星稜大学へ。

 2016年6月に初出場した世界ろう者選手権(ブルガリア)1500メートルは、ラスト100メートルから前を行く2人を抜き去り、3分54秒11の日本ろう新で優...    
<記事全文を読む>