全日本実業団対抗駅伝は来年元日、前橋市の群馬県庁前発着の7区間、100キロに37チームが参加して行われる。2001~03年のコニカ(現コニカミノルタ)以来の3連覇を目指すトヨタ自動車が層の厚さで優勝争いをリードし、日清食品グループと旭化成が続く。

 本県関係選手では、安川電機の高橋尚弥(黒沢尻北高-東洋大)、三菱日立パワーシステムズ長崎の佐藤歩(専大北上高-大東大)、YKKの竹本紘希(一関学院高-帝京大)、NTT西日本の阿部豊幸(一関学院高-日大)、JR東日本の斉藤翔太(一関学院高-専大)、NDソフトの大沼睦(盛岡南高-帝京大)が登録されている。

...    
<記事全文を読む>