2、3日の第93回東京箱根間往復大学駅伝(箱根駅伝)に出場する21チームの区間エントリーが29日に決まり、9年連続9度目の出場となる上武大はエース区間の2区に予選会チームトップの東森拓、山上りの5区に3年連続で森田清貴主将を起用した。  その他の本県関係は、今夏のリオデジャネイロ五輪に出場した順大の塩尻和也(伊勢崎清明高出身)が2年連続で2区に入るなど、計5人がエントリーされた。補欠との入れ替えは2日間で合計4人まで認められている。

...    
<記事全文を読む>