来年1月2、3日に行われる東京箱根間往復大学駅伝に出場する21チームの区間エントリーが29日に決まり、3連覇と大学駅伝3冠を目指す青学大は2区に3年連続でエースの一色恭志を配置し、山上りの5区に貞永隆佑を起用した。マラソンの10代日本記録保持者の下田裕太(加藤学園高出)は補欠に登録され、当日区間変更で重要区間に投入される見込み。田村和希も補欠登録。

 3大会ぶりの頂点を目指す東洋大は大黒柱の服部弾馬に1区、故障から復帰した口町亮に3区を託した。前回3位の駒大はエース中谷圭佑を補欠に回し、5区には2年連続で大塚祥平を置いた。

 東海大は2区を関颯人、5区を館沢亨次の1年生が担う。全日本大学駅...    
<記事全文を読む>